ページの先頭です

IHI技術教習所

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

IHI技術教習所では、東京、神奈川、大阪の各センターで「クレーン・玉掛け・フォークリフト・高所作業車・建設機械・溶接・酸欠・足場・電気取扱・フルハーネス作業」等資格取得のための各種講習を行っております。

エリアから探す:IHI技術教習所は全国3箇所で講習を実施しております。

お知らせ

※ 2017年4月1日より、本籍地確認の公的書類は不要となりました。ただし、本人確認は行います。
  詳しくは各センターへお問合せください。
・受講票は発行しておりませんので、受講開始日を忘れないでお越しください。
 受講開始日にご持参いただく証明書や持ち物などの注意事項は、各センターの
「受講生の皆様へ」のページをお読みいただき、忘れ物のないようにお願いいたします。
「教習案内」
 ご要望があれば「教習案内」をお送り致します。
※人材開発支援助成金(旧 建設労働者確保育成助成金)
  詳細は、各労働局ホームページをご覧いただくか、労働局担当窓口にお問合せください。
  ・東京労働局 ハローワーク助成金事務センター TEL:03‐5332‐6927
  ・神奈川労働局 神奈川助成金センター TEL:045‐270‐7989
  ・大阪労働局 助成金センター TEL:06‐7669‐8900
・神奈川センターでは、「クレーン・デリック運転士[クレーン限定]免許」および「移動式クレーン運転士免許」の教習を行っています。
 これら運転士の国家試験(学科)の合格率は85-100%で、全国No.1クラスの実績を誇っています。

免許

クレーン

つり上げ荷重5トン以上のクレーンの運転ができます。ただし、IHI技術教習所での実技教習の修了と、 安全衛生技術センターでの学科試験合格が必要です。
●天井クレーン ●ジブクレーン ●橋形クレーン ●アンローダ ●クライミングクレーン ●コンテナクレーン ●ケーブルクレーン 等

移動式クレーン

つり上げ荷重5トン以上の移動式クレーンの運転ができます。ただし、IHI技術教習所での実技教習の修了と、 安全衛生技術センターでの学科試験合格が必要です。道路走行には別途自動車運転免許が必要です。
●トラッククレーン ●クローラクレーン ●ホイールクレーン ●ラフテレーンクレーン ●鉄道クレーン ●浮きクレーン 等

技能講習

床上操作式クレーン

つり上げ荷重5トン以上のクレーンの運転。(※床上操作式に限る)

小型移動式クレーン

つり上げ荷重5トン未満の移動式クレーンの運転。(※道路上走行を除く)

フォークリフト

最大荷重1トン以上のフォークリフトの運転。(※道路上走行を除く)

玉掛け

つり上げ荷重1トン以上のクレーン、移動式クレーン等の玉掛け作業。

高所作業車

作業床高さ10m以上の高所作業車の運転。(※道路上走行を除く)

ガス溶接

可燃性ガス及び酸素を用いて行う溶接・溶断または加熱の作業。

車両系建設機械 (整地・運搬・積込用及び掘削用)

機体重量3トン以上のブ ルドーザ・トラクターショ ベル・パワーショベル・ド ラグショベル等の運転。 (※道路上走行を除く)

車両系建設機械 (解体用)

機体重量3トン以上の ブレーカ等の運転。 (※道路上走行を除く)

ショベルローダ等

最大荷重1トン以上の ショベルローダやフォー クローダの運転。 (※道路上走行を除く)

不整地運搬車

最大積載荷重が1トン 以上の不整地運搬車の 運転。 (※道路上走行を除く)

酸欠・硫化水素作業主任者

井戸・暗渠(あんきよ)・タンク等 の酸素欠乏等危険場 所における作業。

学科講習

各講習の実技の基礎 知識を座学で学ぶ。

特別教育

●クレーン(つり上げ荷重0.5トン以上~5トン未満) ●フォークリフト(最大荷重1トン未満 ※道路上走行を除く) ●小型車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用・機体重量3トン未満 ※道路上走行を除く) ●ゴンドラ ●ローラ(締固め用機械 ※道路上走行を除く) ●高所作業車(作業床高さ10m未満 ※道路上走行を除く) ●アーク溶接 ●足場組立等の業務 ●電気取扱(活線作業及び活線近接作業は除く) ●酸素欠乏危険作業 ●伐木等の業務 ●石綿使用建築物解体 ●自由研削といし ●粉じん作業 ●安全衛生教育(刈払機取扱)

ゴンドラ

電気取扱

アーク溶接

伐木等の業務


関連リンク